会社における身元保証契約の必要性について

subpage1

学生が新たに企業に内定を受けた場合や転職者が転職先が決まった場合に、内定した企業より身元保証の書類を受け取り、それを記載して提出を促されることがあります。その内容は本人の故意や重過失によって会社に損害を与えた場合には、保証人が連帯して賠償を行うとされるものです。最近は新聞紙上でも所属する企業の社員が業務中に、事故などを起こすケースも見られ、他にも企業のお金を横領などする事例も多いため、そういった保証契約の必要性が生じています。

あなたに合った身元保証の会社情報を探しましょう。

法律的には会社が、身元保証を提出することを促すことに法的な制限はありません。



ただ実際に会社に損害を与えた場合には、身元保証に基づき、本人とその保証人が総て責任を負うべきものではなく、裁判所が所属する企業の管理状況などを勘案して負担額が決まる流れになります。

その保証契約については、大抵は親や兄弟、親戚などがなることが一般的なので、それを提出して仕事でちょっとしたミスを犯して、即座に損害賠償だということはありません。



内定した会社によっては、身元保証の契約書を提出することが出来なければ、入社を認めないとする場合もあります。

その場合には就業規則などで明記して定めてあれば、その効果は有効となります。


そして有効期限については、期間を定めていない場合は3年間、期間の定めがあっても最長は5年間となっています。
事情により身元保証を会社に提出できない場合には、その旨を採用担当者に相談すると良く、その対応についても絶対的とする場合や任意的とする場合など様々です。

身元保証の予備知識

subpage2

老人ホームや施設などに入居する場合、身元保証人を求められる場合が多く身元保証人がいないと入所を断られる場合も少なくはありません。保証人になると本人の支払い遅れなどの際には代わりに支払う必要が生じたりする場合もあるので頼まれた側が高齢であったり遠距離である場合には断ることもあり身内がいても疎遠になっていて頼めないという事もあるようです。...

more

身元保証の常識!

subpage3

日本では賃貸住宅を借りたりするときや就職のとき、入院するとき等にほとんどの場合に身元保証人が必要です。知人と遠く離れて暮らしている等の理由で、身元保証人がいないのでどうしたら良いかと困ってしまいます。...

more

身元保証の基礎知識

subpage4

最近はどのようなことをするにも身元保証人が必要なこともあって、一人暮らしの人にとっては困ることが多くなっています。そこで身元保証人がいない場合どうするかですが、何のために身元保証人が必要かによって対応は多少異なりますが、およそのことは次のようになります。...

more

身元保証をよく学ぶ

subpage5

高齢者などで身元保証人がいないときに困るのが賃貸物件等への入居です。このとき余程の資産家などで地元で知られているような場合にはそれほど困ることはありません。...

more