現代社会は、急速な勢いで変化を続けています。

インターネットの普及による影響で日常生活が便利になると共に、働き方の変化なども目覚しく発展しています。そのインターネットを活用して膨大な量の情報を瞬時に活用できるようになると、今度はその膨大な情報量を集約しよりビジネスの場で活用しやすいように進化したものがAIです。AIはごく最近に登場した技術ですが、膨大な情報量を瞬時に集約しより最善な方法を短時間で割り出すことができる点が注目をあつめ、ビジネスの場において活躍の場を広げています。

銀行などの融資に関する審査の場は、エリートの仕事として優秀な人材が行う仕事でしたが、現在はAIがその役割を担っているところも存在します。このように技術が進行することで職を失う人が現われる時代です。勉強ができればそれでよいという時代は終わり、今後はより発展的な思考をできる人材でなければ生きていくことが難しいでしょう。そんな中で、安定的な職業として注目を集めているものが、プログラミングやシステムエンジニアなどです。

全国でプログラミングスクールが開講し始めている現状は、その分需要があることを示しています。プログラミングスクールは、小学生から大人まで幅広い年代に需要があり、小学生は将来の職業選択の幅を広げるために通う傾向にあります。社会人がスクールに通う場合は、多くは転職を目的としています。先の見えない現状を打破するために、より将来的に活躍の場が広がりそうな職業へ転職したいという方は少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *