日々、便利になっていく私たちの生活が、IT関連の技術の発展に担うところが大きいことは言うまでもありません。

そんな技術の中には、もう生活の一部として当たり前になり過ぎて、気づけないことも多いかもしれません。子どもの世代は、生まれたときから携帯電話を始め、私たち親の世代にはなかったもので溢れており、それらの商品が身近なものとして存在しています。

小学校でももうすぐプログラミングの授業が必修となりますが、コンピューターのスキルはもう当たり前のものとして皆が持っているものとなる日もそう遠くないでしょう。プログラミングの授業が始まることに合わせて、子どもを対象としたプログラミングのスクールもたくさん見かけるようになりました。子ども用のスクールが大切にしていることは、子どもたちが楽しく学べるということです。

ゲーム感覚でプログラミングに必要となる基本を無理なく学んでいくことで、コンピューターに対しての苦手意識を持たないように工夫されています。子どものうちにこれらのことを学ぶメリットを考えてみましょう。一番期待できることは、自分で考える力が身につくということです。

これはコンピューターに限らず、子どもたちがこれから大人になっていく上で、最も必要となる人生のスキルとも言えます。また、ゲームを作ったりロボットを作ったりするなかで集中力を養うこともできます。スクールで各自取り組むことに対して、最後まで何かを作りあげるための粘り強さも身につくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *