プログラミングスクールに通う最大のメリットは、先生に質問することができることに他なりません。

ですからプログラミングスクールに通ったならば、どんどん先生に疑問をぶつけていきましょう。しかし、どこのプログラミングスクールでも質問をし放題なのかというと、必ずしもそうとはいえません。中には質問がしにくいような環境のところもありますし、疑問をぶつけてばかりいると煙たがられるような教室も存在します。

ですから、事前に質問がしっかりできるところなのかを見極めましょう。見極めるポイントとしては、まずレッスンの形態をあげることができます。問い合わせがしやすいレッスン形態はマンツーマン方式のところです。集団講義方式のところでは、はっきり言って問い合わせはしにくいでしょう。特に大勢の前で発言するのが苦手な人だったりすると、問いを発する勇気が出せずにレッスンが終わってしまうなんてこともよくあります。

それから、先生自体が話しやすい雰囲気かどうかも大切です。エンジニア系の人には無愛想な人も少なくないので、そういう人が先生だと質問する際にもストレスを感じてしまうかもしれません。WEB上に質問フォームやチャットで問い合わせできるコーナーなどを設けているプログラミングスクールもあり、そういうのがあればとても質問がしやすくなります。若い人などは口頭では焦って上手く質問できないこともよくありますが、メールやチャットなら落ち着いて上手く質問できる場合も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *