蛇口の水漏れの修理方法

水道の蛇口を閉めたはずなのに少しずつ漏れている、そんな状況が生じていることに気付いたなら、放っておくことはできません。大切なのは、慌てて業者を呼ぶ前に、まずは自分で修理できるかどうか考えてみることです。そのためには、自分の家に取り付けられている蛇口の種類、つまり単水栓なのかツーバルブ混合栓なのかをチェックすることが必要でしょう。蛇口のどの部分から水漏れしているかによって、修理方法は変わってきます。

例えば、パイプの先から水漏れしている場合、ケレップと呼ばれる部分の傷みが原因となっていることが考えられます。それで、ケレップを新しいものと交換するか、劣化しやすいパッキンのみを交換することによって修理することができるでしょう。水道を使用している最中に、ハンドルの根元付近から水が漏れているのであれば、ハンドルのナットの裏にある三角パッキンの劣化が原因となっている場合があるため、新しいパッキンと交換することができます。その際に注意が必要なのは、必ず水道の元栓を閉めてから修理を始めるということです。

また、パッキンの種類は色々あるため、メーカーや品番をきちんと確認することができます。さらに、蛇口のレバーの下や接続部分から水漏れしている場合、パルプが故障しているかもしれません。その場合は、レバーハンドルを引き抜いてナットを緩め、パルプを交換することができますが、修理後、ハンドルレバーが正常に動くかを確認するのを忘れないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *