蛇口の水漏れの修理と同時に考えること

古くなった蛇口から水漏れがしている、と言うときに、最初に考えられる原因がパッキンの劣化です。ハンドルの内側には、パッキンと呼ばれる弾力のある丸い形の物が入っており、しっかりとしめることができるようになってきますが、経年劣化によって弾力がなくなったり、ぼろぼろになったりしてくると水のしまりが悪くなり、蛇口から水漏れがしてくるようになります。劣化なので自然になおることはなく、修理が必要な状態です。パッキンは自分で交換することもできますし、水道を専門としている会社に頼んでも安価に修理をすることができるので、水漏れは放置せずに早めになおすようにしましょう。

パッキンを交換しても水漏れがおさまらない、土台の部分やつなぎ目から水がしみ出してくるなどの場合には、パッキン以外の部分も経年劣化している可能性があり、修理をするよりも蛇口交換をする方が快適な場合があります。特に10年以上使用している場合やワンハンドルにしたいなどの希望がある場合などには、早めに交換すると修理費用を節約することができます。というのも古くなった蛇口は修理をしても、他の部分の部品も劣化しているためつぎつぎと故障個所が出てくることがあるからです。最近では、ハンドシャワー付きや節水タイプ、浄水器つきなど高性能になってきているので、水漏れが気になる場合には、交換することを考えてみても良いと思います。

見積もりが無料の会社を選ぶと、色々なタイプの蛇口について、分かりやすく説明してもらうことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *