身元保証人がいないときの代行業者

subpage1

高齢者などで身元保証人がいないときに困るのが賃貸物件等への入居です。


このとき余程の資産家などで地元で知られているような場合にはそれほど困ることはありません。

知って得する身元保証人がいないの情報が必要な方必見です。

ただそうした人はそもそも賃貸物件を借りて済むようなことにはならず、有料老人ホームなどへの入居で困る可能性があるくらいです。

この場合も最初にある程度まとまった資金を事業所に入れておくことで対応が出来る場合もあるので、資金力がある人はほとんど困らない場合が多くなります。

それほどの資産家ではないときに身元保証人がいないような場合には、困る場面が多いです。



特に賃貸物件の利用では断られる可能性が高まります。


また介護保険制度の利用でも難しいケースが増えますし、ある程度の資金力が無ければ難しいところへの入居が断られる可能性が出て来ます。

ただし介護保険の場合は条件に合致したときには事業所側が断れない制限があるので、通常であれば利用は可能と考えておいて良いです。このように身元保証人がいないときでも必要なとき特に高齢者が賃貸物件を借りるようなケースでは、代行業者の利用で可能なケースがあります。

このときには代行業者に一定の手数料を支払うことでその利用が継続できるわけです。


賃料の数パーセント程度は支払う必要がありますが、それだけで十分なので毎月ある程度の余裕がある場合には対応が可能になります。



なお、この場合でも保証会社側が最初に拒否をする場合があり、断られる可能性はある程度存在するため注意は必要です。