身元保証人がいない場合はどうするか

subpage1

最近はどのようなことをするにも身元保証人が必要なこともあって、一人暮らしの人にとっては困ることが多くなっています。

そこで身元保証人がいない場合どうするかですが、何のために身元保証人が必要かによって対応は多少異なりますが、およそのことは次のようになります。

珍しい身元保証人がいないの最新情報が揃っています。

就職などの場合は、親御さんとか兄弟ということになりますが、いない場合は親戚でも大丈夫です。
親戚もいない場合は友人知人でもOkしてもらえますが、そういう状況だということをあらかじめ就職先に説明して理解してもらっておく方が良いと言えます。

お金を借りる場合とか、マンションの賃貸借という場合は、万が一の債務に備えるということになるので、多少趣きが異なります。


借主がお金を払えない場合に代わって払う人ということになるので、友人知人ですと警戒されることもあります。

お金の補てんが目的ですから、最悪の場合は、保証を請け負う企業や団体にお願いすることです。



有料にはなりますが、目的に合致するので問題はなくなります。一番厄介なのは、病院や介護施設での身元保証人となります。

お金を保証するということと同時に身元引受先とか緊急連絡先という性質もあるからです。

こちらも弁護士事務所、NPO法人、公益社団法人などがサービスを提供してくれるケースがありますが、お金がかかることと内容が様々なので前もってじっくり検討しておくことが肝要となります。
そして最近では市区町村でこうしたケースに対応してくれるところも出てきていますので、担当窓口にあらかじめ相談しておくと万が一に役立ちます。