身元保証人のいない入院の解決法 - 会社における身元保証契約の必要性について

身元保証人のいない入院の解決法

subpage1

日本では賃貸住宅を借りたりするときや就職のとき、入院するとき等にほとんどの場合に身元保証人が必要です。

身元保証人がいないの評判が高いです。

知人と遠く離れて暮らしている等の理由で、身元保証人がいないのでどうしたら良いかと困ってしまいます。
特に入院等の場合はいつ身元保証人が必要になるのか分からないうえ、一緒に住んでいる家族では保証人になることが出来ないので困ってしまいます。

一緒に住んでいる家族ではなぜだめかと言うとそれは高額なお金がかかるからです。入院で身元保証人がいない場合の解決法としては、病院が提示する保証料を負担することで身元保証人がいない場合でも入院させてもらえる病院があります。近年高齢化が進み1人暮らしの高齢者も増えてきていますので、これは誰にでもありうる問題です。



それ以外には保証会社にお願いすると言う方法があり、保証会社では保証人を確保できない人のために、保証人になってくれる人を紹介してくれますし、弁護士や行政書士が行っている場合もあります。この方法は借家を借りるときにも役立ちますが、入院時とは大きく異なっているところも存在します。

それは死亡の可能性があるので身元引き受けを行う必要がある場合があるということです。



保証会社を利用した場合は入院に関する保証とは別に「死後事務委任契約」交わしておく必要があります。
この契約内容は入院して亡くなった場合、葬儀や埋葬はどのようにすればいいのかと言う希望を書面にしてまとめておくというものです。もし財産がある場合はそれとは別に遺言書を作ることもお勧めします。