身元保証人がいない場合でも対応策はあります

subpage1

老人ホームや施設などに入居する場合、身元保証人を求められる場合が多く身元保証人がいないと入所を断られる場合も少なくはありません。
保証人になると本人の支払い遅れなどの際には代わりに支払う必要が生じたりする場合もあるので頼まれた側が高齢であったり遠距離である場合には断ることもあり身内がいても疎遠になっていて頼めないという事もあるようです。
身元保証人がいない場合には任意後見契約をしていれば入所できる所もあります。
任意後見契約とは自分が元気な時に家族や友人、弁護士などの専門家と契約をし認知症などの判断能力が自分でできなくなったときに予め決めておいた契約内容を代行してもらう契約です。

暮らしを豊かにしてくれる身元保証人がいないに関する良い情報をご紹介するサイトです。

契約内容に終末期のケアはどのようにしてほしい、入所金が不足したらどうすればいいかといった具体的な内容を決めていき公証人役場で書類を作成します。


自分の判断能力が衰えてきたと感じたら家庭裁判所で申し立てをし、家庭裁判所が任意後見監督人を選任します。



身元保証人がいなくても判断力が低下した後でも自分の考えにそってすすめてくれるので人に迷惑をかけずに安心することもできます。

最近ではNPO法人なども設立されており、有料にはなりますが身元保証人がいない人に向けたサービスもあります。

また少しずつではありますが保証人がいなくても入所できる老人ホームや施設も増えてきています。



政府も高齢化問題として厚生労働省等が医療機関に保証人がいないからといって入院を断るのは正当ではないという事を通達を行うこととしており保証人がいなくても入所できるような取り組みが行われています。